2010年04月27日

開門かどうかじゃないんだよね

asahi.com(朝日新聞社):諫早、長期開門へ 農水省・与党検討委が最終協議 - 政治


どうなるんですかね。

地元民としては心配です。

この干拓地近辺は県央から県南にかけて国道57号線が通っていますが、これが通常の雨で冠水するような地域です。

それがやっとなくなってきて防災という観点で安心して暮らせるような雰囲気が醸し出されてきました。

またこの干拓地はリンガーハットとの提携農家もいるようで、農家にとっても重要な土地になっていくのではないでしょうか。



はてさて、そんな干拓事業ですが、相変わらず規模縮小しましたという話は出てきません。
さらに困ったことに不漁を訴えている漁師団のうち、金銭解決されている人達もいたりします。
当然、税金から支払われているのですが、今更返してくれって言えますか?言ってもいいですか?

貰っていながらゴネると言うのは貰い得、ごね得が今後も広がっていきやしないかと、そちらも心配です。



色々と心配なんですが、きちんと筋道が立てば水の循環に対して反対している人はいないと思います。

お金貰っちゃったけど、食うに困って・・・っていう漁業者の方の心配事も察しないわけではないし。

結局は話をかき回しているのは政府なんですよね。

元は自民党ですか。民主党は昔の話だしと突き放していたんですよね。
先ずは地元で会話をしてくださいですって。


当然、環境に配慮しないといけないから、排水してあげないといけないんでしょう。
ただ開門せずとも排水はできるでしょうに。
なので新しい工事が必要なだけだと思ってますけど、誰が決断するのかって話ですよね・・・。



色々と混乱したあげくなのでナーバスな話になっています。

そこを無神経に報道されると腹が立ちます。

なので簡単な報道だけでなく時系列での調査、検証なども必要ではないでしょうか。

ヘリコプター飛ばして空撮する金があるなら、資料としてきちんと整理して報道すれば良いのに。

国民感情煽りたいだけなんでしょう。この話に正義なんてないのに。


その上で有料化していくならビジネスとして分りますが、簡易な取材と報道に金を払うのは躊躇われますが・・・。


沖縄の報道も推して計るべしなんでしょうなぁ。
posted by ケイ at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょとニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。