2010年08月24日

光栄版の画風に似たキャスティングなのでm(略

三国志は中国が映画かするんだから、よそが持って行ったら駄目!って言っていたのを思い出しますが、過去に映像化された三国志はあんまりだったなぁ。
ドラマ作りが古くさいんだもん。

でも映像に重厚感は欲しいよねぇ・・・。



内容を予想しながら以下画像等参照。

中国ドラマ史上でも空前の規模で製作されたドラマ「三国志」、その壮大なスケールが伝わってくる予告映像を公開 - GIGAZINE

董卓・・・味がありすぎでしょ。

ここが一番のツボです。まじウケる!(笑



以下によりますと

中国ドラマ「三国志」10月27日より順次レンタル : 映画ニュース - 映画.com


赤壁までが前半ということです。
リリース確定がここまでというのは、まぁ賢い話かもしれません。




巻数はここの下にあるとおりです。
中国大河ドラマ「三国志」試写会に全国から三国志ツウが集結 - MovieWalker
全48巻・95話という内容らしいですよ。

制作費が25億円ということで放映権料もずいぶんとお高いんでしょうね。
でもコピーしまくりの国だからコピーされても文句は言わないんですかねぇ(と毒づいてみる)。


まぁそれは冗談として、ブルーレイ版の予定は付随しないのですね。
わかります。

でもミナミの帝王60巻は超えないのね(違



ところで価格予想ですが14万くらいですかね。
1巻が3000円計算ですが甘いでしょうか?
4000円単価なら買わないかなぁ。

っていうかレンタル屋のレンタル終了払い下げ品が狙い目かな・・・レンタルシールが汚かったりしますが・・・。



ちゅうか4話で1巻くらいにならんのかと。
全話HDDで保管とかしそうな勢いですが、そうするとセル版も中古がだぶつくかなぁ。
取りあえず10月に期待してみますか。


そのころはアメトーーク辺りで三国志芸人とかありそうですね。
posted by ケイ at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょとニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160408594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。