2011年07月28日

3DS緊急値下げ!!

任天堂株式会社:株主・投資家向け情報

2011.07.28付けのニュースリリースによると3DSを1万円値下げするそうです!

まじかよぉ・・・。



やっぱり任天堂にとって3Dは鬼門以外の何者でもなかったようです。

そもそも任天堂がファミコンを発売したとき、「枯れた技術の延長線」という戦略で成功を収めたのでした。
(確かな技術、確立されている故に低リスクで、低コスト)


そこを最新の3D技術に飛びついたもんだから手に余ってしまったという感じでしょうか。

子供が3D画面観ると目が悪くなるって言い出した辺りからケチがついたような気もしますが、これでまた暫くは任天堂沈降することになりそうです。

っていうかそもそもからして遊べるゲームが出ないというのが問題かなぁ。


まぁ、シニアゲーマー的にはゲームに興ざめしている感が強いんですけどねぇ。

どっかでゲーマーが年取ったら甥っ子がやっているゲームを観ているだけで満足してしまうってネタがあったけど、なんかゲームすら面倒になっているって現実があるんだよね。

なのでバンダイ辺りもガンダムでシニアの心を掴んでいられる日も長くは続かないのかもしれません。


そこで、任天堂始めゲームメーカーは少子化問題に対しての改善案をまとめて政府に働きかけた方が良いと思うよ。

子供増えないことにはこの先無いんだからさ。

社会問題になっている部分への貢献と自己防衛をしてもいい頃合いじゃないかな。



それにしても、一気に1万円も値下げできるって、どんだけ利幅とってたんだよ!って話ですね。すごいなぁ任天堂。
posted by ケイ at 16:52| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんだよね。
ヨコイズムが感じられないんだよ3DSには。
先端技術に飛びつくのは任天堂らしくない。

せめて3Dになったことによって、何か革新的な遊びを考えてくれてたら・・・
とは思う。
Posted by 紫苑 at 2011年07月31日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217169925
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。