2011年09月07日

その名はタケフサ。

スポーツナビ|欧州サッカー|スペイン[リーガ・エスパニョーラ]|「タケフサは、左利きのイニエスタ」(1/2)

MAJIKA・・・


日本人が、バルサのトップに立てる日が来たら良いなと昨今のサッカー見ながら思ってました。
福岡なんかにもバルサのサッカースクールあるし、カタルーニャ地方の彼のクラブは体形も日本人と差はないし(シャビやイニエスタ辺りと比べるとわかるよね)。

それなのに、何かもう途中経過すっ飛ばしていきなり最短ルートでロックおんしちゃったっていう少年が登場しちゃうとは。



バルサはカンテラ重視なのでとにかく下部組織に入って這い上がるのがバルサ入団への正しいアプローチだと思いますが、それだけ地元意識が強く、カタルーニャ人じゃないといかんせん入ることすら難しいという。


もうただただ凄いとしか表現のしようがないわけですが、優秀さをアピールすればバルサ以外のビッククラブからオファーが得られる可能性はあるわけで。

こういう選手がトレセン経由でないというのもまたあれなんですが、いやはや大勢して欲しいものです。

とにかくタケフサという名前は覚えておかないと。




ちなみにココの人がバルサとタケフサくんを引き合わせるきっかけを作ったようですよ。近況などはココからも配信されるというからチェックするのはありですね。

久保建英君FCバルセロナ下部組織入団の件について|欧州サッカークラブとの仕事を語るブログ
posted by ケイ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。