2011年11月14日

自決権を守れって叫んだほうが良いんじゃないか?

佐藤ゆかりTPP質疑【全内容文字おこし】ーー野田総理がISD条項をさっぱりわかってない。「ASEAN+6」のほうがTPPよりメリット高い:ざまあみやがれい!


先週は週末にかけて野田総理がTPP条約に関して「全くと言っていいほど内容を把握していない」というような情報が出回っていたので気になっていたのですが、その内容がこのブログにて確認できました。


「佐藤ゆかり議員の質問で」というのも何かの洒落なんでしょうか?

「刺客」として登場した時も「野田議員」の対抗馬でしたね。



ASEAN+6の方が有利だというシミュレーションは始めて聞いたのですが、ISD条項に関して極めてリスクが高い件とTPP交渉参加に日本が間に合わないだろうという話はどなたもご存知だろうと、今更議論が必要なのかというレベルの話と認識していました。

それを知らずして交渉参加の表明などできないだろうと思うですが、どうやら知らずして交渉参加するらしいです。


この文字起こしのブログでは枝野経産大臣も国内法で食料の安全が守れると言っていましたが、どうやったら守れるのか提示して欲しいものです。

それにもましてISD条項に関して「寡聞」と発言した野田総理は交渉人として失格だろうと。

一体責任は誰が持つのでしょうか。


まったくもって胸が高鳴るじゃないか!



というわけで、ボロ負け韓国もこの前の米韓FTAは批准をめぐって国会大紛糾中らしいです。(そらそうだろ)


日本も批准しないよう世論形成したいものです。

だって、GDPの成長率とかの話よりも自決権はきちんと守るべきじゃないかと思うからです。
(そういう話なんだからもっと国民に問うのが政治家だと思うんだけどなぁ・・・)
posted by ケイ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235115170
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。