2004年09月23日

どこもさんやっちゃった(いまどこサービスの顧客情報流出さわぎ)

元記事

今度は委託業者でデータ入ったパソコンが盗まれたらしい。

えらい楽観的な態度だなぁ。

 なお、この情報の多くは、それぞれが何の情報であるかを表示しておらず、英数字の羅列情報になっており、また、パソコンにはパスワードが掛けてあることから、解読は容易にはできない状態となっております。

とか書いてるし。

そんなに信頼できる業者さんなんですか?

どこもの感想聞いてもどうしようもなくて、どう対処すれば安全なのかって事について書くべきなんじゃ?

個人的に思い出すのが、メイル経由でウィルス感染したメイルサーバーがMLに対してウィルス感染してるメールをばら撒いた事がありまして、それに巻き込まれた時ありました。

その時は私がその会社(ソフトウェア業界で新しい側の会社で、今注目してる(されてる?)会社でした)に指摘して調査してもらいました。

報告もらって、謝罪メールを出されていたのですが、社内で対策したからもう大丈夫だよと書かれているだけでした。

しかし「私はウィルスに感染したメールを配信してしまいました。」と言う事実と「メールを削除し下さい。」と言う対策が抜けてたのですよ。

再度指摘して追記でメール出してもらいました。

これは、緊張感なさ過ぎな態度と思われても仕方ないですよね(そう思いましたもの)。

で、どこもさんはどう責任取られるつもりなのかと、委託業者に対してどう指導するのかと言う辺りをはっきりしてもらいたいな(でないと安心して利用できないですよ)。

今回のって位置情報サービスなので、下手すると命の問題だったかも知れないということに対して緊張感もって対応してもらいたいものです。

(賠償請求ありきじゃないですが、取り組みや姿勢を見せないと)

 

まったく関係ないですが、「あ、PHSってこういうとこで生き残ってたね」と思った・・・

#必要としている人はいるのです。過去形にならないようにして下さい・・・

posted by ケイ at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょとニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。