2008年04月10日

青椒肉絲について学ぶ

青椒肉絲 - Wikipedia


今日はなにげにチンジャオロースーを作ろうかなんて思ってぐーぐる先生に作り方を尋ねてみました。
先ずは正しいチンジャオロースーを知ろうじゃないかと言うことで上位に出てきていたWikipediaの記事を読む・・・む?・・・む?!む?!む!!


え〜とですね・・・会社の端末はATOKが入ってまして、そのATOKでチンジャオロースーと変換すると「青椒牛肉絲」と出ます。
でも本当はこちら「青椒肉絲」が正解なんですね・・・。
再度変換してみると候補の中に正解が入ってました。


これで青椒肉絲をひっぱってきたぐーぐる先生はやっぱり凄いと思います。




じゃぁおまえはどの肉で作るのかよって言うと正当派の豚で行こうかなと。
これを下味付けて炒めるんですね。

塩こしょうを降って、溶き卵をお肉に吸わせて、その後で片栗粉でコーティングし、焦げ付かないようにごま油を垂らすという下ごしらえが美味しさの秘訣らしいですな。
なるほど、中華屋でお肉に甘みを感じたのはこの手間のおかげだったのですね。
う〜む考えるとお腹が空いてきました・・・。



関連リンク
レシピ:青椒牛肉絲(チンジャオニューロースー)牛肉細切りとピーマンの炒め | ホテルオークラ東京
ホテルオークラのレシピから。
チンジャオニューロースーの方ですがまぁ大体同じですからね。
でもってシェフのワンポイントアドバイスが何のアドバイスにもなっていない件について・・・(笑
ラベル:青椒肉絲 中華
posted by ケイ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。