2005年11月27日

ブルースリーの彫像って・・・似てるよなぁ・・・

ブルース・リーの彫像で民族対立の解消祈る=ボスニア

ボスニアでブルース・リーがこうも認知されているとは知りませんでした。
ほうほう、しかしこの写真・・・

VFのデュラルに似てると思う・・・ってのはどうでもいい話かもしれませんね。

とりあえず置いときますね ・・・ デュラルってこんな感じ


金ぴかな点は置いておいて、ブルース・リーのトレードマークとなってるヌンチャクがちゃんと持たされているんですね。

ブルース・リーとヌンチャクって言うと倉田保昭さんですね。
倉田プロモーションのサイトで彼らの出会いについて読めますよ。


最近で倉田さんを見たのがこの作品

内容は香港版キャッツアイみたいな感じです(笑
これに存在感たっぷりなおじさんがいるんですよね。
よ〜く見たら倉田さんだしでびっくり。

日本刀装備で登場する辺りは流石だなぁって感じでした。

さて、びっくりというと今日はドリームキャストの発売日だったのですね。


ドリームキャストというとSEGAさんなんですが、SEGAが作ったゲームのキャラがデュラルだったわけで。

まさかこういうつながりするとは。

世の中のつながりって不思議です。

最後にメモ
ボスニアってこの辺りだよ
posted by ケイ at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ちょとニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この像でわだかまりが解消できるかどうかで、またボスニアに火がつくってことはないんでしょうか。
昔から発火点低いスもんね、あの地域。
Posted by oyaji at 2005年11月28日 06:15
どうなんですかね。
物騒なニュースは聞きますけどね。

旧ユーゴスラビアという事でサッカーファンとしては早く情勢安定して欲しいところです。
Posted by ケイ at 2005年11月28日 11:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。