2010年05月24日

往年の名作の作者は、あのタイトルの作者でもあったのか

最近、プリンス・オブ・ペルシャのCMを見かけるようになり、原作となったゲームを思い出しています。

かなり古いゲームが原作なんですよね。
やってないけど。


『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』:アップルII用ゲームから時を超えて映画化 | WIRED VISION



で、この原作者へのインタビューで「カラテカ」の作者とこの原作者が同一人物だったということを知ってびっくりしました(笑


カラテカ - Wikipedia


Wikipediaにもジョーダン・ナックナーって書いてありますね。

カラテカが1984年の発売。


ベスト・キッド - Wikipedia

ベストキッドの影響受けたのかな?と思ったら同じく1984年公開でした。

ちょっと時期が重なってますね。


そんなベストキッドもリメイク予定ですね。



どちらかというとベストキッドの方が興味あったりしますが、どちらも見たくはあります。

なかなか映画館までいけてませんが・・・(汗
posted by ケイ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

バイオの続編だからゲームかと思ったら映画でした

映画「バイオハザード」シリーズ第4作「Resident Evil:Afterlife」予告編が登場、全体的にマトリックス風味に - GIGAZINE



へー、ミラがまだ主役張るんですね。

もう嫌だって言ってたって報道をどっかで見ましたけど。



まぁ、3であんなラストにしたわけですからこの4作目はないんじゃないかなとか思ったり。



雰囲気もマトリクスというよりウルトラヴァイオレットかなぁ。

参考リンク
超映画批評『ウルトラヴァイオレット』55点(100点満点中)
これは辛口評価ですな(笑
posted by ケイ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

ウィル・スミスの映画

ジャッキー・チェンが師匠になった新ベストキッドの予告編が公開 - GIGAZINE


ウィル・スミスの映画とういと色々ありましたが、そのリストの中にあの名作ベストキットが加わるようです。

原題の空手キッドをカンフーキットにしようと、自分の子供をメインに据えようとそんなの関係ねーってな具合なんですが、ウィル・スミスがアルジャーノンに花束をもリメイクを企てているという話があり、そっちの出来具合が心配でなりません。


ダニエル・キース原作のこのタイトルはユウスケサンタマリアも演じましたが、非常にドラマのある”SF”作品なんですけど、ウィル・スミスが演じるとなるとどの程度のクオリティになるのかなぁ・・・と心配です。



しかしベストキットはジャッキーの起用という点でかなり好印象なんですよね。

ベストキット=修行モード=ジャッキーという方程式が成り立っている人にはかなり興味そそるんじゃないでしょうか。
(つまりカンフー映画世代ですね)


何はともあれ映画を見に行く時間を作らないと。
posted by ケイ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

アリス

New Alice in Wonderland Trailer Online | The Movie Blog


ティム・バートンとジョニー・デップの新作は「不思議な国のアリス」と「鏡の国のアリス」を元に作った「不思議の国のアリス」だそうです。
新作トレイラーが公開になりましたね。

ハンプティーダンプティーみたいなのも見受けられました。


結末はどんな感じになるんでしょうか。

最後のデップの意味ありな感じとかひっかかりますが。



チャリチョコみたいにちょっと感動しちゃうラストにしてくれると良いけど、今のままだとちょっとしたホラーちっくな感じなんですがぁ。
(違うパターンやらんのかなぁ)
posted by ケイ at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

ナタリー・ポートマンの嵐が丘?

Natalie Portman Ditches Wuthering Heights | The Movie Blog


ようわからんとです・・・。
でもこのセクシーな写真はナタリー・ポートマンなの?と思わず思ってしまいました。
ちょっと顔怖いよね。
posted by ケイ at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

TRON2・・・そもそもTRONを知っているか?

TRONの対義語がTROFFだったのはN88-BASICでした(古
BASICプログラムのデバック用コマンドでしたね。

関係ないですがTRONとは子供心にワクワクした映画でした。
そんなTRONが公開されたのは遙か昔の事で、その当時は小学生だった気がします。
なのでストーリーなんてあったのかなかったのか覚えていないんだけど、当時もただただ映像のイメージだけでドキドキしてた気がします。

TRONの世界はATARI社のゲーム機にありがちなゲーム空間みたいな感じに見えてました。
主人公はAKIRAに出てくるようなバイクに乗って走り回っていましたね。
あれに憧れてたような気がします。
もうその辺りも曖昧な記憶ですが・・・。


さて、そんなTRONの続編が作られるかも?
Tron 2(the movie blog)

これがリメイクではなく次章であるというのだからTRONをもう一度見直さないといけないのですかねぇ・・・っていつ公開になるのやら。
あー、ちなみにですがいつもは自分の適当な翻訳で掻い摘んで読んでいるんですが、今回はGoogleさんのWeb翻訳を使ってみました。
・・・まったくの役立たずでしたがそこはご愛敬なんですかね(汗



関連リンク
映画 TRON(ELECTRIC DOC.)
リンク先に興味有り。まだ見てないけど・・・

映画「TRON」がリメイクされる(/.j)
すでにたれ込まれていたのですね。でもってリメイクだって言ってますね。

TRON(Wikipedia)
そこでWikipediaを引用。TRONコマンドを知るものは既に少数だそうですよ。
私ってレアな人なん??ジェダイマスターチックだねぇ(違
タグ:映画 TRON
posted by ケイ at 09:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

めざましどようびに釣られて

買いましたか?
私もさっそく注文しました。





気になってたもので、ちらりちらりと中身を見せられると誘惑に負けてついつい買ってしまいました(笑

お台場冒険王でも8/25に特別上映されるらしいですね。
チケット売りだし中だそうです。
そっちにも行きたいんですけどねぇ。
まぁ、DVDで我慢します。
posted by ケイ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

リュック・ベッソンのアーサー

ハリポタ6巻を読み終わったところです。
続きはまた1年以上お預け・・・はぁ・・・
と読後の余韻に浸りつつ、次まで待てないよぉとぼやきつつ。

シリーズも終わりになるようだし、次なるファンタジー小説でもとか思って探していたら、ナルニア国物語第2章が上映延期になったとかいうニュースを発見。
『ナルニア国物語』第2章、公開延期(FLIX MOVIE)

あとリュック・ベッソン監督が自分のファンタシー小説を映画化するとか。
ほうほう。




もう発刊されてから3年経つんですか。早いな。
当時はちょっと話題になってましたけど、これが映画化されるそうです。
10歳の少年が主人公でその主人公を演じるのはフレディ・ハイモアくんだそうですね。
「チャーリーとチョコレート工場」とか「ネバーランド」とかで好演してましたね。
チャーリー役は結構好きでした。


ただいまカンヌで特別映像公開中だそうですよ。
【第59回カンヌ国際映画祭】リュック・ベッソン監督最新作はファンタジー超大作(FLIX MOVIE)

これを5年も頑張ってたおかげで「普通な役者を使った映画を作りたいと」反動がきて「アンジェラ」撮ったそうな。
どっちも面白そうなんだけど。


どうしようかな、原作に手を出しちゃうかな。
ちょっと悩み中。
(読む時間をまともに取ってないんですよ。しかもW杯始まるし!)



関連リンク
アンジェラ(公式サイト)
posted by ケイ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

いろんな十戒

ショーン・コネリーさんが俳優業の引退を表明したそうです。
近々撮影されると噂のインディージョーンズ4への出演がこれでなくなったそうです。

インディージョーンズと言えば失われたアークで十戒を扱っていましたね。
あんなパワーが秘められているのかどうか・・・謎ではありますが。


ふと気付くと




なるものが。
50周年ですか。
ユル・ブリンナーはモーゼに証拠を見せろと迫る役でしたっけ?
モーゼ役のチャールトン・ヘストンもなかなか渋くて良かったなぁ。
見せ場はやはり紅海が真っ二つに割れるシーンですかね。

個人的に好きなシーンは「綺麗な手よりも働き者の手が好きだ」と羊飼いの娘を口説くシーンだったりします。
その台詞に感銘を受けました。
そのせいかそこだけ覚えてるんですよね。誰のシーンだったか役名すら覚えてませんが・・・。
まぁ、小さいときに見た映画ですのでそんなもんでしょう。


そんな十戒を違う形で見かけたばかりだったのでちょっと気になりました。
どんな形かというとネコの十戒なるもので見かけたのです。


ちょっとやんちゃなネコだったんでしょうね。
なんとなく状況が想像できて面白かったです^^


これにはバリエーションがあって犬への十戒なるものもあるそうです。
読むとちょっと切なくなりました。


こんな可愛らしい十戒を見かけてたので気になってしまったのですが、さらに面白い事にこんなものまで・・・






パラマウントから50周年パックが発売される次の日に出るらしいです。
しかも紀伊国屋書店さんから。
へぇ、そういう商売もやってたんですねぇ。



関連リンク
モーセの十戒(Wikipedia)
書きかけでした・・・。


十戒
そうそうこれこれ。こんな感じでしたね。

十戒自体は簡単な話で、これだけの事なのですがすっかりと様変わりしてますね。
十字架とかもありなんですか?と前から疑問だったりするのですが。
posted by ケイ at 13:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

【感想】ナルニア国物語

やっと始まりましたって感じなのは早くから予告見たり、目覚ましでの紹介を見てたりしてたからでしょうか。

この前の日曜日に見に行って、それなりな入りでした。
吹き替えはどうだったんだろう。
田舎の傾向としては吹き替え版が1番スクリーンとなるようです(´・ω・`)

まぁ、子ども連れて見られるのが吹き返って事になっているのでしょうがないのかもですが。


それで内容は伏せる努力をしつつも(といっても原作あるし)感想をば。

映像は指輪物語よりも良いかも。
空想上の生き物が良く動いていました。
最近のCGってこうまでリアルになったのかと感心しました。
これは本当に感心しました。

でも巨人は萎えたかも。
もしかして役者使って合成しましたか?(笑
そんな感じでしたがどうだったのでしょうかね。


ストーリーも楽しめましたよ。
なるほどねって感じで理解できるようになっていました。
兄弟にフォーカスしてたのが良かったのでしょうかね?
原作読んでいないのでボリューム感は分かりませんが、そんな気がしました。
ただ話の起伏には乏しいと言えば乏しいかもです。
まぁ、無くても平気ですけどね。
最後まで飽きませんでしたし。


末っ子がものすご〜く才能ある女優さんなんじゃないかと将来が楽しみです。
ダコタ・ファニングもそうでしたけど、役どころが凄く良かったので彼女以上に凄いかもと思いました。


白い魔女の衣装がステキでした。
シンプルでお洒落でステキでセクシーなんだもん。
バカみたいに飾らないところがまた良かったです。
衣装だけでなく本人さんも良かったんですけどね(笑
戦っているシーンは凛々しかったですよ。


これはなかなかな点数を付けて良いんじゃないでしょうか。
がんばってましたよ。
あんな国に行きたいとも思いました。
とってもファンタジーとしてステキだったです。

あと、子どもが鎖帷子着ると可愛いですね(笑







関連リンク
公式サイト
posted by ケイ at 14:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

ノラ・ジョーンズが映画に

その歌声だけでなく、容姿も美しいノラ・ジョーンズが俳優業デビューするという話。
出演という話は過去にもあったようなんだけど、演技もこなすという話はなかったようで。







日本だとどうなんでしょうか?お馴染みでない?

フジのドラマ「離婚弁護士」のEDをノラ・ジョーンズの歌が飾ってましたけど。
あれなら聞いた事がある人は多いのでしょうか?
(ホワット・アム・アイ・トゥ・ユーだったんですけど。これが良かったんですよね)


映画の内容自体がまったく公表されていないので何もコメントしようが無いのですが、アジアンテイストになるのか、サイバーパンクになるのか、スーパーアクション大巨編になるのか(ありえないだろ・・・)気になるところです。







関連リンク
ノラ・ジョーンズ、ウォン・カーウァイ映画で俳優デビュー(FLIXムービーサイト)
 ネタ元
posted by ケイ at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

知りませんでした。ミラーマンが映画になって公開間近だったなんて

ミラーマンREFLEX

話はまったく変わっているように思えますが気のせいでしょうか?
とはいえミラーマンというキーワードはえらく懐かしいです。

子供のときにこの手の奴の再放送ブームがローカル局の中でありまして、そのせいで古い特撮番組も知っていたりするわけです。
なのでズバットやらイナズマンやらバロムワンが分かるわけですよ。
でもストーリーはすっかり忘れてますけどね。


そんな再放送の中で放送されていたミラーマンなんですけど、覚えやすいオープニング曲と地味だけど親しみやすいあの姿のせいか割と好きでしたね。

そう、私の記憶の中では地味になはずなんですよ。
よく言うとほんわかしているというかなんというか。
変に派手じゃなかったというか。

そんなミラーマンがおどろおどろしくリメイクとなるとなんだか拍子抜けです。
でも、こういう解釈ができるのは素晴らしいのかも?とか思ったりはしました。
だがしかし、この暗い路線で販路は開けるのか?というと大分疑問に残りました。

う〜ん、やっぱり疑問だよなぁ・・・


posted by ケイ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

な・・・懐かしい・・・バイファムがDVD-BOXになるんだね




ぶらっとAmazonさん覗いたら見つけちゃいました。バイファム DVD-BOX。
すッごく懐かしいよ。小さいころ好きだったんだよね。

15少年漂流記がモチーフだったのかな。
宇宙漂流する子供たちのお話なんだけど、宇宙で冒険というシチュエーションと当時としては独特な動きとデザインの主役メカが子供心に大ヒットしてましたよ。


そんなバイファム DVD-BOXなんですが、お値段がなんと¥84,000!
これを22%オフしても¥65,520!
ディスク15枚組(DVDと音楽CDらしい)なので1枚あたりの単価が\5,600(\4,368)なのでまぁ・・・といえなくもないのですかねぇ?

でも日本の作品は高すぎだと思いますよ・・・
ディスカウント分の¥18,480なら買ったかなぁ。
posted by ケイ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

やっとハリーポッターと炎のゴブレット見てきましたよ

6巻の予約が開始されてます。
ハリー・ポッターと混血のプリンス (仮) amazonで予約開始!

そんな中、炎のゴブレットも公開されているので観てきました。
とうとうここまできましたか。
もう何も言うまい。
マルフォイの扱いがあんまりな件については・・・(笑


原作読んでいる人向けの割り切りで開き直っているようなのでグッドです。
良いです。
もうこれ以上は無理ですね。

ハリーの冒険と題名かえるとなおよろしくってよ?


続きを読む
posted by ケイ at 22:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

最近の映画批評

今週のダメダメが最近は付かなくて、むしろオススメが目立つ超映画批評なんですが、これで良いんですかね?そうですか良いんですか。

え〜っと見てて気づいたんですが

「7人のマッハ!!!!!!!!」もう始まっているんですね。

見られる方が羨ましいです・・・



そうです!長崎じゃやってない!
激しく鬱です・・・

もうユナイテッドシネマ嫌い><
ちゅ〜か、角川系列だから弱すぎなのかな・・・

はぁ・・・
posted by ケイ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

ザスーラ ネタバレしない程度に感想

珍さん(仮名)と一緒に観に行ってきましたよって事で感想なんかを。

とりあえず、吹き替え版のみってのはなんか悲しいので止めてください、ユナイテッドシネマの人達・・・


続きを読む
posted by ケイ at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

お正月映画・ザスーラ

ZATHURA(ザスーラ)公式HP

CMでぐっときちゃいましたよ。
やっと面白そうな作品が長崎にもきます。ぃぇーぃ。
12/10より公開

続きを読む
posted by ケイ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

今週のダメダメ

人気漫画「テニスの王子様」実写映画化

安易な映画にならない事を祈ります(笑

続きを読む
posted by ケイ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

引き続き実写化のニュースです

石ノ森章太郎作品、実写映画に ハリウッドで08年にも

映画「バットマン」シリーズのプロデューサー、マイケル・ウスラン氏らが昨年設立した会社(コミック・ブック・ムービーズ=CBM)と、伊藤忠商事、伊藤忠が出資する石森エンタテインメントなどが15日に発表した。

というわけで、ジャパニーズヒーロー物がやりたいそうですよ。

続きを読む
posted by ケイ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

ハリウッドが買い取った版権って覚えてる?

え〜っと
◆「悪魔城ドラキュラ」が映画化
ちゅうことらしいです。

ヴァンヘルシングと同じか?
まじで思いますよ(笑

ところで、ハリウッドで映画化決定!!ってアナウンスは聞くんですが、いっこうに出てこないあれやこれやってどんだけあったっけ?

続きを読む
posted by ケイ at 16:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。